Dr.ベースマン | 現役プレーヤーによる野球ブログ

現役大学野球選手のプレーヤーによるプレーヤーのためのブログです。

コワイ打者についての語りたい

こんばんは。

Dr.ベースマンです。

 

めちゃくちゃあっっつい中、練習をやっており、日々死にそうになっております。

 

早実負けちゃったなぁ〜

清宮が108号打って日本記録作るの楽しみにしてたんですけどね、、、

 

やっぱり早実は投手が弱かったかなという印象。

強打者がいてもある程度レベルの高い投手がいなければ打ち勝つことはできないんだなと改めて実感しました。

 

かと言って、大エースがいても周りが全然打てなかったら勝てないんですけどね、、、

 

(結局選手が揃ってるところが勝つのか、、、現実は厳しい、、、)

 

さて、今日のテーマですが、まさにその清宮のような打席に立ってるとコワイ打者について少し語りたいと思います。

 

 あくまで、僕が野球をやっている中で感じていることを書かせて頂きます、、、

 

コワイ打者その1

初球から振ってくる

 

これは正直、投手からしたら相当嫌ですし、コワイです。

 

あなたが投手の立場になって考えてみて下さい。

 

投手はまずはじめに何を考えますか?

 

まずはどんな球種にせよカウントを良くするために「ストライクを取る」ことを考えると思います。

 

カウントを取りたいということは、ある程度真ん中のゾーンを意識してなげますよね、際どいところに投げてもボールになってしまうので。

 

そのカウント球を初球からことごとく振ってくる打者に対しては投手は真ん中に投げれなくなります。

 

すると、どんどん真ん中に集まらないよう、コースコースをついて投げるようになり、フォアボールが増えたり、球数が増えるのです。

 

球数が増えると投手って崩れていきますよね。

 

このような理由から初球から振ってくる打者は投手のリズムを崩す、コワイ打者なのです。

 

次の記事にもコワイ打者について書いていこうと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!