Dr.ベースマン | 現役プレーヤーによる野球ブログ

現役大学野球選手のプレーヤーによるプレーヤーのためのブログです。

野球部の坊主頭について語りたい

こんばんは。Dr.ベースマンです。

 

 

よく考えたらこの名前あんまりセンスないな...笑

ベースマンの医者ってなんだ笑

 

 

暑い日が続いていますね。

みなさん水分補給を忘れずにしていきましょう←誰目線

 

 

長い前置きはさておき、今日は野球部における坊主頭について語りたいと思います。

ちなみに僕は坊主ではありませんが...

 

 

野球部おける坊主頭について、みなさんはどう思われますか?

もはや、野球=坊主頭という固定観念が強すぎてもはや何も思わないレベルですよね。

世の中の当たり前と言いますか。

 

 

しかし、僕は実はこの坊主頭の制度について疑問を抱いている口なのであります。

 

 

理由は、シンプルです。

「別に坊主にしたからって野球は上手くなるわけじゃなくね?」

こうゆうことです。

 

 

だってそうじゃないですか?

坊主にしたから何になるのでしょうか?

とこんなことを僕がブログで訴えても意味ないんですけどね笑

 

 

現実としては、野球部がもし髪の毛を伸ばしていたら、

「何をチャラチャラしているんだ」

「野球部のクセに」

という一般人から言われるようです。

 

 

そもそも、野球部が坊主の理由は昔からの風習が未だに続いているからなのです。

 

 

野球はサッカーとは違い、戦前から非常に人気があり栄えているスポーツでした。

 

 

そのためその時代の人々はみな坊主で野球をしていたが故に、未だに現代に引き継がれているのです。

 

 

昔から引き継がれていた風習と言えば、

「水を飲んではいけない」

「気合をつけるためにたくさん走れ」

「肩は冷やしてはならない」

等たくさんありました。

 

 

しかし、上に記したものは全て科学的に見ると間違ったことであり、それらの風習は今では全て廃止されています。

 

 

つまり、僕が何を言いたいかというと、坊主頭にも果たして科学的に有利な部分があるのか?ということです。

 

 

むしろ、坊主頭よりも、髪の毛が生えている方が熱中症にになりにくいという実験結果が出ています。

 

 

それもそうですよね。

帽子を被るとは言え、頭皮に直接日光が当たるか、そうでないかといえば、一目瞭然ですもんね。

 

 

また、大学生はほとんどの野球選手が髪の毛を伸ばしているのに、どうして高校生以下はだめなのかな?という部分でも僕は疑問に思っています。

 

 

と、ここまでツラツラと僕の「坊主頭について」の持論を語らせて頂きました。

ただただ意見を述べて内容が無いものとなってしまい申し訳ないです。

 

 

ただ、みなさんも野球人の坊主頭は当たり前ではないという事をもう一度考えて頂きたいです。

 

 

最後に、ここ最近では慶應義塾高校仙台育英高校が坊主頭にしないで、高校野球をやっていますね!しかも強い!

 

 

このような高校がたくさん全国に名を連ねるようになれば、坊主にしなくて良い高校も増えるのではないのでしょうか!

 

 

頑張れロン毛野球部!!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!!